AtermWM3800Rの外観

WiMAX大手MVNO4社のキャッシュバック比較一覧

AtermWM3800Rをキャッシュバック付きで無料ゲットしよう! WiMAXのルーターAtermWM3800Rは
旧モデルと比べると電波感度の向上と
電源ONからの起動時間に大きな差があります。

【お断り】 ※ 月の変わり目には、AtermWM3800Rなど機種によって、
キャッシュバック金額が変わっている場合もあります。
WiMAX MVNO とくとくBB BIGLOBE So-net @nifty
月額料金 3,770 3,801 3,800 3,853
事務手数料 無料 3,150 無料 無料
違約金 1年目 16,380 9,975 9,975 + 15,000
※キャッシュバック
特約の違約金
9,975
2年目 16,380 5,250 5,250 + 15,000
※キャッシュバック
特約の違約金
5,250
3年目以降 0 5,250 5,250 5,250
キャッシュバック 1年目 8,000 7,000 20,000 11,901
2年目 10,000 10,000 0 0
合計 18,000 17,000 20,000 11,901
公式サイト とくとくBB BIGLOBE So-net @nifty

WiMAXルーターはものによってここが違う

AtermWM3800Rに限らず、ホームタイプとモバイルタイプの特徴をそれぞれ考えてみましょう。
【ホームタイプ】 メリットは、やはり感度の面でしょう。近年急速に拡大をしているWiMAXですが、やはり接続のスムーズさを考えるとホームルーターに今も叶うものはありません。大量のデータのダウンロードもスムーズに行える他、動画閲覧もスイスイ出来るホームルーターは、「接続」と言う面での心配事が殆ど要らないのが大きなポイントでしょう。更に有線LAN接続ポート付もついているのが嬉しい所です。wi-fiの末端も同時に接続する事が可能です。 ただ、スピードが速い代わりに家庭内でしか使う事が出来ません。家族で持ち出さずに使う場合は無難なものの、外に持ち出して使いたい場合はホームルーターは使えません。家族皆で使用する用として使用するのが無難でしょう。

【モバイルタイプ】 AtermWM3800Rに代表されるように、何処にでも持って行けるコンパクトさがメリットです。簡単にノートパソコンと一緒に鞄に入れて持ち運ぶ事が出来ますし、接続面でもとっても簡単でスムーズに繋ぐことが出来ます。外出や出張の多いビジネスマンには大変有利と言えます。時々は外出先で使いたいなどと言う一人暮らしの方にもこちらの方が向いているかも知れません。通信速度もホームルーター程では無いものの、ある程度しっかりした速さを保ち、ネットや動画再生程度なら全く問題ありません。こちらもwi-fiの末端に同時に接続する事が可能です。 ※尚、専用クレードルを用いると「AtermWM3800R」や「URoad-Aero 」はホームルーターとして使用する事も出来ます。 デメリットは、まずバッテリーの駆動時間が限られている事です。外出先でPC本体のバッテリー量を気にし、更にルーター側の電池残量にも目を配らなければなりません。更に、携帯して使う分、携帯電話やスマートフォンと同じように、毎日しっかりと充電してから使わなければなりません。 後は、重い容量のものの大量ダウンロードにはさすがに不向きと言えます。 モバイルルータとホームルータのそれぞれの特徴についてもっと詳しい情報を得たい場合はこちらをご覧下さい。

AtermWM3800Rのキャッシュバック金額を比較する前に、WiMAXについて詳しく知りたい方は・・・

    帯域制限など技術的に詳しく解説されています。

  • 大手の安心感が人気の秘訣!?@nifty WiMAXキャンペーンではタブレットも手に入ります。
【各社MVNOキャンペーン】